脊柱管挟搾症の治療に整体

脊柱管挟搾症の治療に整体

脊柱管狭窄症の治療に整体を取り入れる人もいます。

脊柱管挟搾症の症状を軽減させるためには針灸も含めた色々な手技によって患部の緊張を緩め、氣血の流れを改善することが必要です。

身体の歪みによって患部には過度な負荷が集中してしまいます。
身体の歪みを整体施術でとるためには、患部周辺だけでなく身体全体をみて施術していかなくてはなりません。
そして患部周辺の筋肉に氣血を還流させ筋肉の緊張を緩めることが出来れば、より早く効率的に症状を軽減させることが出来ます。

整体では主に、骨盤を整え、坐骨の調整も行い、身体自体が正しい位置に戻るような手助けをします。
初診の場合は、長年蓄積した筋肉の疲労を取り除くことから始める場合があるようで、この場合でも圧力をかけて筋肉をもむといった療法ではなく、自律神経に対して働きかけ、回復力を力強いものにするといった療法を用いるところが多いようです。

整体治療は、即効性がなく長期の通院が必要であるといったイメージがありますが、個人差があり、一度で治るという事はないにしろ、一回でかなり効果を感じることが出来たという方も多いようです。

筋肉をもみほぐした効果で一時的に脊柱管狭窄症の痛みが消えたという事もかなりあるようで、治療方法としてなかなか効果的なものとされています。

整体は間違った使い方(整体が適さない場合もある)や、他の療法との間違った併用をすることで脊柱管狭窄症の症状を悪化させてしまう場合があります。

整体は費用もかかりますので、整体治療を受けるときは、必ず信頼できる整体師を見つけ、自分の脊柱管狭窄症の状態を整体師に伝え、自分の症状でも改善出来る見込みがあるのかを確認すること事が大切です。