腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴

腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴

腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴として、長い時間はとても歩けないもののしばらく休むとまた歩ける「間欠跛行」というものがあります。

これは、しばらく歩くと徐々に下肢のしびれや重い感じ、痛みなどが出て歩くことが困難になっていきます。しかし腰をかける、前屈するなどで「しばらく休むとまた歩けるようになる」というものです。
歩ける時間は狭窄のレベルによって違います。

腰を反らせる状態や、立って腰がのびた状態で痛みが強くなる為、手押し車・乳母車・カートなどを押したり、自転車に乗ったりと、「前かがみの姿勢では楽になる」という特徴があります。

前かがみになると楽になるのは、体が前かがみになることによって脊柱管の狭窄が緩み、神経への圧迫が緩和されるからです。

脊柱管狭窄症では、どこが圧迫されるかによって症状の違いが現れます。

「神経根」が圧迫されるタイプでは、左右どちらかの神経根が圧迫された時、圧迫されたほうに腰から足にかけてのしびれや痛みの症状が出ます。

また、「馬尾神経」が圧迫されるタイプは、足のしびれの他にマヒや脱力感、便尿が出ないなどの排泄障害が起こったり、ムズムズした感じやチリチリした感じを覚える事もあります。
これは神経根が圧迫されるよりも重症です。

更に神経根と馬尾の両方が圧迫されると、両方の症状が現れる混合タイプや、すべり症から進行した場合にも多くのタイプがあります。
以上のように、一口に腰部脊柱管狭窄症と云っても、その病態と症状はいろいろです。