脊柱管狭窄症と閉塞性動脈症を見分ける方法

脊柱管狭窄症と閉塞性動脈症を見分ける方法

脊柱管狭窄症の診断は、どのような姿勢の場合に神経症があらわれるかどうかを確認します。
また、より正確な診断を行うには、患者とともに歩行しながら痛みがあらわれるかどうかの問診も行なわれます。

脊柱管狭窄症を診断する上で大切なポイントになるのが、閉塞性動脈硬化症との違いを見極めることです。
閉塞性動脈硬化症も脊柱管狭窄症の症状と似た間欠跛行という症状が現れる腰痛症で、原因は下肢の血流障害です。

脊柱管狭窄症と閉塞性動脈症を見分ける方法として、下記のような方法があります。

脈拍の確認・・・腕と足首の血圧を測り、その差をみて、腕に比べ足首の血圧が低いときは、閉塞性動脈症が疑われます。

休息時における痛みや痺れの改善・・・脊柱管狭窄症の間欠跛行は、休息時に身体を前屈することでしびれが改善されますが、閉塞性動脈硬化症では、身体の前屈では痛みやしびれなどの症状は緩和されません。

歩ける距離・・脊柱管狭窄症の間欠跛行は跛行距離が一定していませんが、動脈硬化症の間欠跛行は跛行距離がある程度一定しています。

自転車・・・脊柱管狭窄症では自転車に乗ると前かがみの姿勢になるため、痛みや痺れが軽減され楽になります。しかし、症状を自覚してから自転車に乗るのが困難になったのであれば、閉塞性動脈症の疑いがあります。

閉塞性動脈硬化症は痛みや症状が似ていますが、脊柱管狭窄症と違い放置しておくと生命に危険がおよぶとても怖い病気で、高齢化と共に増えています。

老化による坐骨神経痛で最も多い腰部脊柱管狭窄症とは全く違うので、一日でも早く医師の診断を受けて明確に区別することが必要です。

他にも脊柱管狭窄症は、狭窄の原因に椎間板ヘルニアや腰椎すべり症が絡んで、神経圧迫につながっている場合があります。