治療での理学療法

治療での理学療法

脊柱管狭窄症に対しての治療を見ていくと、理学療法と言う言葉を多く見かけることになると思います。それも当然であり、治療において理学療法は大きな意味を持ってくると言えるでしょう。温熱療法をしてくれたり、物理的な治療を施してくれることも多いです。このようなことをしてくれるだけでも大きな効果がありますが。より魅力的なのは体の使い方を教えてくれることでしょう。理学療法を行なう理学療法士は、運動学などをはじめとする医学的な知識が豊富にあります。そのためそれらを駆使して、動作を分析し、痛みなどがあまり発生しない動きを提案してくれることでしょう。

痛みをとってくれる事も大切ですが、痛みが発生しないように、工夫をしてくれる治療も非常に大切になってきます。どのような運動をすれば良いかと悩んでいる人に対してアドバイスをしてくれることもあるでしょう。脊柱管狭窄症の治療において有効的に活用していきたい職種と言えます。