広範脊柱管狭窄症とその治療

広範脊柱管狭窄症とその治療

広範脊柱管狭窄症とは、頚椎、胸椎、腰椎のうち、2箇所以上で脊柱管を狭窄してしまうことをいい、広い範囲で神経を圧迫する為に様々な障害を起こす疾患です。
中年以降の男性に多く発症するようで、頚椎と腰椎の狭窄症の合併が約7割を占めています。

年齢を重ねるにつれ、身体の多くで痺れや痛みを感じるようであれば、広範脊柱管狭窄症の可能性があります。
症状が現れる場合とそうでない場合があり、症状に気づいていてもなかなか専門機関で診察を受けない方が多いようです。

広範脊柱管狭窄症と診断された場合の治療の第一歩は、まずは安静にする必要があるため、脊椎を固定する装置を装着し、鎮痛剤が処方されます。
また、頸椎や腰椎持続牽引といった治療を行うこともあります。

神経根や馬尾神経に障害が現れていて痛みがひどい場合には、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどの治療が行われます。

これらの保存療法で効果が現れる場合もありますが、保存治療をしても効果が無いという場合や脊髄に麻痺が見られる場合には、手術をして治療をすることになります。
手術では、椎弓切除術や脊柱管拡大術、前方徐圧固定術といったものを行うことになります。

しかし、手遅れになると手術でも充分に改善しないこともあり、早期発見、早期治療で手術を回避し、保存治療で回復を目指すことが望まれます。

広範脊柱管狭窄症は難病に指定されているため、申請すれば治療費は無料になります。