お年寄りが口に出さない脊柱管狭窄症

お年寄りが口に出さない脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。

先天的なものは生まれつき脊柱管が狭く、かつ正常な脊柱管よりも狭く成長するケースです。

後天性の脊柱管狭窄症は多くの場合、椎間板ヘルニアによる合併狭窄や、腰椎すべり症によって脊柱管が圧迫されて発症するものです。
また外部からの強い衝撃を受けたこと、腰椎への手術、加齢によって脊柱管内の空間が失われたことなどが原因で狭窄症を発症する場合もあります。

脊柱管狭窄症の代表的な症状に間欠跛行があります。
間欠跛行とは、歩行中下肢のしびれが酷くなり歩けなくなるのですが、座って少し休憩をとればまた歩けるようになるという状態のことです。
この症状が出ているということは、脊柱管内の神経圧迫がかなり進んでいるという証拠です。

歳のせいだろうと自己判断をせずに、早めに診断・治療をすることが重要なのですが、お年寄りのなかには、周囲に心配をかけたくないとの考えから、間欠跛行を自覚していても我慢している場合があります。

脊柱管狭窄症は、圧迫される神経によって神経根型と馬尾神経型があります。
症状がきついのは馬尾神経型の狭窄症で、馬尾神経が圧迫されると足の痺れ、麻痺、脱力感、我慢しがたい不快感を臀部、下肢に感じるようになります。
更に酷い排泄障害を起こすこともあり、日常の生活が困難になります。

お年寄りだけの家庭では、こうした痛みや不快感を我慢して暮らしておられる方もいますので、ご両親と離れて生活している場合などは、特に気をつけてあげるようにしなくてはなりません。