腰痛初期症状の痛みをとることの重要性

腰痛初期症状の痛みをとることの重要性

脊柱管狭窄症は、加齢による椎間板の変性や腰椎すべり症などが原因で脊柱管内が狭くなり、脊柱管内の神経を圧迫してしまい腰痛や脚のしびれを引き起こす腰痛症です。

脊柱管狭窄症の急性期や初期にみられる症状は、腰痛に加えて何ともいいようのない脚の痺れが続きます。
この症状は、他の診断名の腰痛症とほとんど同じです。
この場合、安静にして休んでいればやがて痛みは徐々に解消されますが、突如激痛に襲われた場合は、その痛みを取り除くことが先決となります。

痛みを取り除くために、飲み薬として鎮痛消炎剤を使用するほか、痛みの原因は筋肉の緊張にあると考えられる場合には、筋肉弛緩剤を使用します。
痛みで寝られない場合には、患者の精神的動揺や不安を軽減するために、軽い精神安定剤を処方されることもあります。

それでも症状が改善されない時には、ブロック注射で対処します。
これは痛んでいる場所に、炎症をおさえるステロイド剤や麻酔剤を注射し、脳に伝わる痛みをブロックする方法です。
どのような痛みがあるのかなどは、ありのまま医師に伝えることが重要です。

激痛で精神的にも苦痛を感じている患者にとっては、こうした鎮痛治療は、痛みの本質に迫ることなく単に薬漬けになるだけではないかと不安に思う人もあるようです。
しかし、脊柱管狭窄症の初期治療で、まず痛みを取り除くということはとても重要な治療法なのです。

強い痛みが続くことは体には相当なダメージとなり、体力そのもの失う事になり、改善に向かうまでの時間が余計にかかってしまいます。
痛みを積極的にとり、次の治療の段階に早く進むことが必要なのです。

痛みを取り除いた次の治療は機能回復を図る段階になりますので、この段階にできるだけ早く進んでいくことが、脊柱管狭窄症の最大の特徴である間欠跛行の予防や、腰痛の再発予防にもなる重要なポイントなのです。

機能回復には、腰痛体操やストレッチなどが有効です。
腰痛は、痛みのせいでいつまでも体を動かさないでいると、筋肉が衰えて余計に悪い方向に進んでしまう事が多いのです。
それを避けるためにも早く痛みを取り除き、日常生活動作が行えるレベルにまで回復させることが必要なのです。