腰痛とストレス

腰痛とストレス

精神的ストレスが脊柱管狭窄症のような腰痛にも、少なからず悪影響を及ぼしているのではないかという事が云われています。
精神的ストレスを軽減することで、痛みやしびれを改善することができるということが、日本でも症例によって少しずつ明らかになってきています。

腰痛治療の現場では、画像検査をしても腰痛の原因を確定できる構造上の問題が発見できないということが多いようです。
腰痛の原因が、椎間板の変性や神経の圧迫であるという事は明らかなのですが、脊柱管狭窄症をはじめとする腰痛患者のすべてが、そうした構造上の原因を抱えているわけではないようなのです。

また逆に、腰椎に変性や分離などの構造上の問題が認められても、腰痛症状がまったく現れない人もいるようです。
つまり、腰痛の原因が脊椎周辺の構造上の問題ばかりではなく、他に原因があるのではないかという事です。

腰痛の為に寝たきりの状態や、歩行に松葉杖や歩行器が必要な腰痛の患者さんが、精神的ストレスを軽減したことによって、手術を受けることなく長年苦しんできた腰痛から解放されたという例があります。
ストレスが減ったことで脳の機能が正常になり、体内で天然の神経ブロックが働いたからだといわれています。

脳の快感中枢である側坐核がこの天然の神経ブロックの働きをしており、このような腰痛の改善例が数多く紹介され、専門家によるそのメカニズムが解説されれば、画期的な腰痛の改善例はもっと増えることでしょう。
また、腰痛の原因とストレスの関係が一般的な知識としてもっと広まれば、腰痛の未然防止にも役立つことでしょう。

もちろん腰痛のなかには、重大な構造上の疾病が原因になっているものや、腫瘍性の腰痛もありますから、まずは検査を行なって原因を特定することは欠かせないことです。