脊柱管狭窄症にならないという過信は禁物

脊柱管狭窄症にならないという過信は禁物

脊柱管狭窄症に自分は絶対にならないと言い切れる人はおそらくいません。自分の状態に気付いていないだけで実は脊柱管狭窄症になってしまっている人はいます。自分に不安を持っている人ほど早期発見することができる傾向にあるようです。自分は違うと思っている人はどうしても発見が遅くなってしまい、症状が少し進んでいってしまうようです。これは避けることができる症状と言えるでしょう。腰の痛みを抱えてしまうのは、高齢者になれは当然のように思えることですが、それにはしっかりと一人一人原因があることを忘れないようにしなければいけません。多くの人が痛みを訴えていると、自分が痛みを抱えていることが普通に思えてしまうこともあります。そのような時もそれを普通と思わずに、痛みに関心を持っておくことは大切と言えるでしょう。

腰の痛みは防ぐことができます。また出てきてもそれを緩和させる事も十分可能です。傷みがあるということを恐れずにしっかりと向き合って適切な治療をしていくことが必要でしょう。