脊髄神経は上に行くほど大切になる

脊髄神経は上に行くほど大切になる

脊柱管狭窄症では腰椎部分の狭窄が多いです。そのため足に対する症状が比較的多くなってくるでしょう。これは腰椎部分には足に関する神経が多くあるという事もできます。しかしかといって、上のほうの脊髄神経には足に関する神経は無いのかいうと、決してそんなことはありません。腰椎では、足などの神経がメインになっていますが、それはそれまでの過程で腕などに関する神経が分岐していっているからです。そのため上の腰椎よりも上の脊椎にもしっかりと足などに関する神経は通っていることになります。

これは胸椎や頚椎などに大きな障害をもってしまうと、それだけ腕だけでなく足も動かなくなってしまう危険性をもっていることになります。そのため脊髄神経の上のほうになればなるほど、傷を受けた時の、体への影響はどんどん大きくなっていくことになります。頚椎などの部分で脊髄神経に傷を受けてしまうと、生活を送っていく上で多くの困難を経験することになってしまう場合もあります。より専門的な治療が必要になると言えるでしょう。