脊髄神経の重要性を知る

脊髄神経の重要性を知る

脊柱管狭窄症では脊柱管が狭窄することによって、脊髄神経に大きな影響が出てきてしまいます。脊柱管狭窄症は高齢者になればなるほどその可能性は大きくなっていくと言えるでしょう。しかしあまり重要視せずに、症状がどんどん進んでいってしまうこともあります。これはできるだけ避けたいところです。脊髄神経の重要性を知ることによって、このように放置して症状が進んでしまうことを避けていくことができます。

脊髄神経はまさに人が生きていく為の中心部分と言えるでしょう。脳と手足をつないでいる非常に重要な中継地点と言う事もできます。この脊髄神経からさまざまな神経が出ているので、この脊髄神経が機能しなくなってしまうと、それだけで多数の神経に非常に大きな影響が出てきてしまうことになります。ちょっとした傷が手足の不自由さにつながってしまうこともあるのです。脊柱管狭窄症はそんな脊髄神経を圧迫している症状です。これをしっかりと自覚し、早期的に治療が開始できるようにする必要があります。