脊柱管狭窄症にブロック注射

脊柱管狭窄症にブロック注射

脊柱管狭窄症の保存療法で、鎮痛剤の服用やマッサージ、ホットパックなどの理学療法を用いて治療をしてもあまり効果が出なかった場合に、他の手段として用いられるのがブロック注射です。

ブロック注射は、圧迫されている神経の機能を抑える(ブロックする)ことで、痛みを抑える療法です。
神経の周囲に局所麻酔薬やステロイド系の抗炎症剤を注射することによって、脳に伝わる痛みの信号をブロックします。また炎症を抑える効果もあります。

ブロック注射は脊柱管狭窄症においての根本治療ではなく、一度楽になってもまた再発してしまうことがあるのが欠点ですが、とにかく今すぐ楽になりたい!という方にはお勧めの治療法と云えます。。

ブロック注射によって脊柱管狭窄症の痛みが軽減されている間に、脊柱管狭窄症に関係する腰周辺の筋肉を鍛えるためのストレッチや筋トレなど、リハビリをすることができます。

一回の注射で効果のある方もいれば、数回で効き目が出てくる方など様々ですが、ブロック注射をした人の約7割が効果を実感しているそうです。

脊柱管狭窄症に用いる主なブロック注射として、硬膜外ブロックと神経根ブロックの2つがあり、硬膜外ブロックで効果が認められない場合に、次に神経根に対して直接ブロック注射をすることになります。

硬膜外ブロック注射は神経を覆っている硬膜の外側にある硬膜外腔というところに局所麻酔薬あるいはステロイド薬を注射します。
腰部の場合、尾骨の上にある仙骨部に注射します。
腰の尾てい骨から馬尾の周辺の血管を広げることで、脊柱管狭窄症の炎症を抑えます。

また、神経根ブロック注射は、硬膜外ブロック注射と同じ局所麻酔薬を神経に直接注射し、脊柱管狭窄症の痛みを抑えます。
背中側から針を刺し、圧迫されている神経根の周囲に直接、局所麻酔薬とステロイド薬を注射することで、より効果的に炎症を取り除きます。
神経に直接注射するのは痛みが大きくなるので、通常は麻酔薬を打ってから注射をします。

ブロック注射は自然治癒力を高める方法で、炎症が治まり血行を良くすることで、患部に栄養がいきわたり、症状の改善を早めることができるのです。

しかし、ブロック注射はあくまで一時的なものです。根本ではないことは頭に入れておく必要があります。