脊柱管狭窄症は何故起きるか

脊柱管狭窄症は何故起きるか

脊柱管が狭くなり、痛みや痺れの症状を起こすには下記のようなことが考えられます。

椎間板
椎体と椎体の間にあるクッション的な存在の椎間板は、加齢などによる変性でその中心部にある髄核に含まれている水分が減ると、弾力がなくなってしまいます。
古くなったゴムのような状態になった椎間板の繊維輪の一部が、脊柱管の内側にせり出してくると脊柱管は狭まって、中をとおっている神経を圧迫してしまいます。

椎間関節
椎骨と椎骨を椎弓の横一線につないでいる椎間関節は、年齢とともに軟骨部分がすり減ったり、周辺に余計な骨が増殖したりします。この増殖した骨の部分が脊柱管の中にせり出すと、神経根などが圧迫され痛みを発症することになります。

靭帯
老化が進むと靭帯の弾力も徐々に失われ、たわみを生じるようになり、身体を後屈した時などに、靭帯のたわんだ部分が脊柱管の中にせり出して、神経を圧迫するようになります。

その他、腰椎すべり症により脊柱管が狭くなったもの、腰椎への手術などにより狭窄したもの、外症による狭窄や、生まれつき脊柱管が狭い事が原因で起こる、先天性脊柱管狭窄症があります。

脊柱管狭窄症は以上のような理由で高齢者に多く発症するのですが、最近では生活習慣の変化などによる栄養不足などから、比較的若い年齢層の方でも脊柱管狭窄症になる傾向があります。

日常生活の見直しをして、適度な運動を心がけなくてはなりません。