脊柱管狭窄症の判断と検査

脊柱管狭窄症の判断と検査

脊柱管狭窄症の診断のためには問診・診察と画像検査が重要で、脊柱管の狭窄があるか否かはエックス線検査やMRI検査を行えば判明します。

腰椎の変形、脊柱管の狭窄、椎間板の痛みや骨棘などを検査しますが、脊柱管狭窄症はレントゲンではなかなか分からない事もあり、MRI検査でより詳細をチェックすることが多くなります。

問診では発症の時期やその時の詳しい状況、急性発症か否か、姿勢による症状の変化や間欠跛行の有無などが聞かれます。
また、自転車に乗ったとき(自転車に乗ると体が前かがみになるため)に症状が出るかどうか、痛くなって休むときの姿勢なども重要な診断材料となります。
診察では下肢の腱反射、感覚異常や筋力低下の有無などを診て、神経の異常の有無を判断します。

MRIはコンピュータを用いて細かい断層撮影を可能にする技術で、脊柱管狭窄症の細かな状態や神経の圧迫も判断できます。
また、腫瘍など、患部にその他の病気が無いかを調べる場合にも効果があります。

MRI検査は、レントゲン同様に痛みを伴わずにより詳細をチェックすることが出来ること、また磁気を利用するため放射線の影響が無いことなどが特徴です。

また鍼灸やカイロプラクテイックなどで脊柱管狭窄症の治療を考えているという方でも、やはりレントゲン検査は受けたほうがいいでしょう。

高齢者の場合、脊柱管狭窄症と脚の閉塞性動脈硬化症は、ともに間欠跛行(カンケツハコウ)という症状が現われますので、どちらが原因なのかは慎重に判断する事が大切です。また、年齢的に考えて、変形性膝関節症などのほかの加齢性(変性)疾患も起こりやすいので、その判別も必要になります。