腰部脊柱管狭窄症に腰部コルセットの効果

腰部脊柱管狭窄症に腰部コルセットの効果

腰部脊柱管狭窄症は腰を後ろへ反らすと脊柱管が狭くなり、余計に神経を圧迫し症状が悪化するため、前かがみの姿勢(猫背)で生活するよう指導されます。

腰部コルセットを装着することで、腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みを和らげることができます。
腰部コルセットは気軽に装着でき、腰部脊柱管狭窄症の患者が楽になるような、体幹を前屈位で保つことができるので、神経への刺激を軽減し、痛みを和らげる効果があります。
日常生活での痛みに悩んでいる方や、忙しくてなかなか手間も時間もかけることができない方の痛み軽減にはお勧めの方法です。

テーピングの原理を応用した着圧式のコルセットや、伸縮性と通気性に優れたコルセットなど、さまざまなものが発売されています。
ただし、コルセットは医師と相談して選ぶのがベストで、身体内部への圧迫や運動制限のないもので、椎間板ヘルニアやぎっくり腰で使用するものと同様のものがいいとされています。
通販などで購入する場合は、そのコルセットが脊柱管狭窄症に対応しているのか確認することが必要です。

腰部コルセット使用時の注意点
脊柱管狭窄症の治療には筋肉のパワーアップが重要になります。
コルセットは治療目的ものではなく、痛みを軽減させる為に補助的に使用するもので、ずっと使用していると、筋肉を衰えさせてしまう恐れがあります。
長時間の着用は避け、時には外してトレーニングを効果的に取り入れる等の工夫が必要です。

また、ずれることがありますので正しい位置にしっかり装着できるように、最初に病院での指導を受けて使用するようにしましょう。
上手く装着していなければ装着している意味がなくなるとともに、脊柱管狭窄症の痛みを増やす結果にもなりかねません。