脊柱管狭窄症に体操療法

脊柱管狭窄症に体操療法

脊柱管狭窄症は、老化に伴う椎間板などの変形によるものが多く、脊柱管狭窄症の改善には、日常の生活において良い姿勢を保ち、ストレッチや体操で筋力をパワーアップすることが、健康的でよい改善法といえます。

症状が軽い場合には、筋肉がコルセットの役目を果たすようにするためにも、体の免疫力アップの為にも筋力トレーニングは欠かせない運動です。
脊柱管狭窄症は、老化が原因の病態であります。

年を取るにつれて、体の中の免疫力は年々低下し、筋肉は衰えてきますので、筋力トレーニングを積極的に行い脊柱管狭窄症を改善するようにしなくてはなりません。

仰向けの状態で両膝を立てた状態から頭を二、三度持ち上げるというような、簡単な体操方法でも脊柱管狭窄症に効果を発揮します。
筋力の低下防止や姿勢の悪化などを防ぐためにも、体操を取り入れるべきという医師の意見も多いようです。

痛みの予防のためにも、費用のかからないストレッチなどを日課として取り入れること、そして無理な姿勢を意識して避けることなどでも、かなりの改善が見られる可能性が高いのです。

血液循環を改善するためのストレッチや、骨盤後傾運動(骨盤を後傾させて腰椎を屈曲させる運動)、深部体幹筋(インナーマッスル)の収縮運動など、脊柱管狭窄症の改善に有効な様々な運動から、自分の症状にあったもので運動をするように、医師と相談して選択するようにしましょう。

しかし、高齢者の脊柱管狭窄症の患者さんには無理なものもあり、効果があるからといって、負担になるような運動は逆効果で、それであれば安静にしている方がベターです。