脊柱管狭窄症で温める意味

脊柱管狭窄症で温める意味

脊柱管狭窄症には温熱療法という治療方法があります。これは血流などを良くすることによって、血液が良く行き届くようにすることで、細胞の動きや、栄養の運搬を活発にすることが出来るようになります。血流障害が、脊柱管狭窄症の痛みの原因になってしまっていることもあります。血液が行き届かないと当然筋肉も機能的に働いてくれないので、痛みのある状態を突破することが難しくなってしまうでしょう。そのような時に温熱療法が活躍します。

体を温めることは何も、温熱療法のときだけではありません。体を冷えないようにすることもまた大切になると言えるでしょう。お風呂に入ったり、または服を何枚か着込むことも大切になります。温熱療法はあくまでもその時にしかできないことですが、普段の生活で体を温めることはいつでも行なう事ができます。温熱療法以外でも体をしっかりと温められるようにしていくと良いでしょう。ちょっとしたころから始めていくと長続きします。