脊椎管狭窄においての整体療法

脊椎管狭窄においての整体療法

腰痛でレントゲン検査を受けたところ脊柱管狭窄症と診断された場合、殆どの方は保存療法での治療が行われます。
手技療法である整体なども取り入れて、保存療法と並行して脊柱管狭窄症の治療を行う方も多いでしょう。

整体では主に、骨盤を整え坐骨の調整(矯正)なども行います。
身体の骨格を正しい位置に戻す手助けをするような整体は、脊柱管狭窄症にも有効です。
初めて整体を受ける時は、長年蓄積した筋肉の疲労などが大きい場合もあり、その疲れを取り除くことに専念することから始まるようです。

この場合でも筋肉を揉むなどの圧力を加えるような療法ではなく、自律神経に対して働きかけ、回復力を手助けする療法を用いるところが多いようです。
体を自然な形に戻すことが回復を目指す第一歩であるという考え方です。

脊椎管狭窄症の人は骨の変形だけではなく、骨盤傾斜の変化というのも痛みの原因となっていて、腰痛に悩む人のほとんどが、この骨盤傾斜が正しい位置にないのです。
骨盤傾斜とは、骨盤を横から見た場合正常な位置にある時の傾斜で60度と言われています。
骨盤がこの傾斜を維持していれば、背骨は程よい湾曲を作り、腰にかかる負担が軽減されます。
つまり、この骨盤傾斜を正しい位置に戻し、不必要な負荷を減らすことによって症状が緩和されるということになります。

最初の治療時に筋肉をほぐした効果で一時的に脊柱管狭窄症の痛みが消えたという場合もあり、実際一回でかなり効果を感じることが出来たという方も多いようですが、もちろん一回で治るというものではないでしょう。

整体は間違った使い方や、他の療法との間違った併用をすることで脊柱管狭窄症の症状を悪化させてしまうケースも多いようです。
しかし、正しく治療することでかなり効果も期待出来るものなので、整体を受けるときは必ず自分の脊柱管狭窄症の状態を施術師に伝え、自分の症状が整体で改善出来る見込みがあるものなのかを確認することが重要です。

また、整体で脊柱管狭窄症の治療を経験した方に、経験談を聞いてみる事も大切です。