腰部脊柱管狭窄症に於ける理学療法

脊柱管狭窄症のココが知りたかった!「脊柱管狭窄症now」のバナー

腰部脊柱管狭窄症に於ける理学療法

腰部脊柱管狭窄症に於ける理学療法のイメージ

腰部脊柱管狭窄症に対する治療は、まず投薬・各種神経ブロック療法・装具療法・理学療法などの保存療法を行い、その効果が乏しい場合にのみ手術対象とします。

どの方法を選択するかは医師の診断と患者との話し合いで、最終的には医師が決断する場合が一般的です。
保存療法は根本的な治療ではないのですが、痛みの軽減は十分に図れます。

理学療法によって血行を良くし、傷んだ筋肉に栄養や酸素を与え、筋肉が機能回復して痛みを和らげる効果があり、脊柱管狭窄症にはとても有効な方法なのです。

ホットパックや牽引などが主なものとなり、鎮痛、筋痙直(筋肉の極度の緊張)、血行の改善を計るため行い、主に神経根型に効果があります。

・ホットパック療法
温熱効果によって患部の血行を改善し、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを解消する効果があります。
ホットバック療法は痛みや副作用をともなうものでなく、体の芯から温める効果があり、全身の健康にも優れた効き目があります。
暖かくて心地よいので脊柱管狭窄症の方には人気が高い治療方法で、自宅でも毎日気軽にできるので、脊柱管狭窄症の症状が改善したという例も多くあるようです。
しかし、ホットパックなどである程度痛みが改善してきたら、腰部周りの筋力強化を積極的に行い再発防止に努める必要があります。
 
・牽引
骨の状態を改善することが目的で行われます。
上半身を固定した状態で下肢をひっぱります。
しかし、牽引によって脊柱管狭窄症の症状が悪化する事もあるようですので、その場合には医師に申し出て中止しなくてはなりません。
 医師によっては牽引を進める医師と、牽引に積極的でない医師がいるようです。

・マイクロウェーブ療法(極超短波療法)
暖かいものを身体にあてる温めかたと違って、身体の外から当てた電磁波によって身体の細胞の核を超高速で振動させて熱を発生させるものです。
電磁波が身体の奥の深い部分まで届くので、深い部分まで温かくさせることができます。

・超音波療法
超音波とは人間の聴力でとらえることができないほどの細かな周波数で振動する音波のことです。
 それを身体の内側に響かせて生じた熱エネルギーをによって温熱効果を得ようというのが超音波療法です。
超音波治療による温熱作用には
・コラーゲン組織の伸張性アップ
・血流の増大
・神経伝達速度の増大
・疼痛の減少
などの効果があります。

 

あわせてよみたい脊柱管狭窄症の知識

脊柱管狭窄症のシビレがすぐ消えて、間欠跛行でも歩ける距離が延びる方法とは?

狭窄型坐骨神経痛の特徴

脊柱管狭窄症のうち保存療法が有効なものは

PageTop




HOME - ストレッチ,体操 - 原因 - 治療,治療法,改善 - 病院,名医,手術 - 症状 - 総合情報 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ