柱管狭窄症の治療にマッサージ

柱管狭窄症の治療にマッサージ

柱管狭窄症の治療には、一般に保存療法と外科的療法があります。

脊柱管狭窄症の保存療法では、薬物で痛みを緩和したり、患部周辺の筋力を高め、血液の循環をよくするというような様々な方法で対処します。

また、日常生活をする上で支障のない場合にリハビリテーションは、ホットパックなどの物理療法の治療や、マッサージによって腰部の筋緊張を軽減させ、血流を改善し、痛みやしびれといった症状を抑えるようにします。

骨盤体操などを並行して行う事でより高い効果を望むことができます。
痛みや痺れを軽減させるには、まず血行を良くして患部に栄養が行き渡るようにしなければなりません。

マッサージは自然治癒療法の中では基本で、マッサージで脊柱管狭窄症の痛みがある程度改善をしたら、次に運動や体操などを取り入れ筋力アップをしていきます。
腰痛を軸とした治療には、とくに指圧マッサージが効果的です。

マッサージは痛みやむくみが酷い方、足がいつも冷たい方などの痛みやしびれを和らげる目的で行います。マッサージをすることで、だんだんと血行が良くなり、痛みも和らいできます。

可能な方は、マッサージが終わってからは足を動かし、足首や膝・股関節のあたりまで、ストレッチをしながら動かしていき、血行の改善を確かめましょう。
色々な保存療法と併用することでその効果がアップします。

しかし、脊柱管狭窄症の場合、マッサージの効果が現れる人もいれば、逆に症状が悪化する人もいます。
この見極めは大変難しく、事前に医師に必ず状態を説明しマッサージ療法を受けていいのかどうかを確認することが大切です。