脊柱管狭窄症は坐骨神経痛と表現されることもある

脊柱管狭窄症は坐骨神経痛と表現されることもある

脊柱管狭窄症と言う名前を利用されず、坐骨神経痛というように表現されるも多いです。これらは別の意味で利用されることも多いです。より詳しく知りたい場合は、しっかりと症状が出ている原因を知ると共に、敬意を担当の医者に予想してもらう必要があるでしょう。脊柱管狭窄症からでも坐骨神経痛になってしまうことは当然ありえるといえます。脊柱管狭窄症の状態は、画像検査などで確認することが出来る場合が多いです。しかし画像検査でそのようなことが確認できるからと言って、それはそれと考えておく必要があります。実は狭窄している事実を画像で確認することはできても、何が原因で狭窄しているのかはわからないことが多くあります。

筋肉などが原因になっている場合、画像検査では十分に原因がわからないと言えるでしょう。そのためしっかりと症状を医師に伝え、詳しい分析をしてもらうことが大切になります。決して骨の病気というわけではないので注意が必要です。