PLIFとはどのようなものか

PLIFとはどのようなものか

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、または腰椎すべり症などに利用される治療方法、手術方法としてPLIFという方法があります。これは日本語で言うと後方侵入椎体間固定術というものになります。ほとんどの人が聞いたことがないような名前になると言えるでしょう。名前の通り、後方から椎間板を取っていき、そこに人工的な骨などを用いて固定をしていくという方法です。脊椎に対して直接的に手を加えることになるので、症状の改善や根本的な改善につながる事もあり、多くの治療的な効果を期待することができます。その代わり安静にしておくことが必要になり、また体にとって無茶な負担をかけてしまうと再度傷みが出てきてしまうことも当然あります。

手術は必ずしも痛みや症状がとれるものではありませんが、軽減する確立は大きなものです。しかしだからこそ体の使い方や、普段の意識が重要になってくると言えるでしょう。手術を受けたからと言って過度に安心しきるのは良くないことと言えます。