脊柱管狭窄症と腰曲げ休憩

脊柱管狭窄症と腰曲げ休憩

脊柱管狭窄症になる要因は、生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、変形性脊椎症による椎体の骨棘(椎体外側にできる骨の棘(とげ))や、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、加齢に伴う変遷が原因で起きることが多くなっています。
中年の女性に起こりやすい変性すべり症が原因で腰部脊柱管狭窄症になる事もあります。

腰痛は勿論、腰の周りが重かったり、違和感やはり感があり、足にしびれや痛みがある事もあります。
腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状に、普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみでしばらく休むとまた歩けるようになるという間欠跛行があります。

脊柱管狭窄症になった場合の対処法は安静が基本です。
しかし、ある程度の距離を歩いたり、立ち仕事をしたりしなければならなくなったような場合に痛みが出た時に安静にする方法は、いわゆる腰曲げ休憩です。

脊柱管が狭窄されると、前かがみの体勢(腰を曲げる体勢)になることで痛みが緩和されたり、歩く距離を長くしたりすることが可能になります。
間欠性跛行の症状が出現した場合でも、腰曲げ休憩をとることで休憩時間を短くすることができます。

この腰曲げ休憩の時間や休む回数によって脊柱管狭窄症の症状の度合を確認することが出来ます。
見解は色々ありますが、100メートル歩くのに腰曲げ休憩をしなくては歩けないという場合は、かなりの重度と判断され、手術を薦められることがあります。

また、足の血管が詰まってしまう閉塞性動脈硬化症でも脊柱管狭窄症と似たような間欠性跛行の症状が出現することがあります。
腰曲げ休憩によって症状が軽くなる理由は、前かがみの姿勢をとれば、腰椎の前弯が減って脊椎管が広くなり神経の圧迫が軽減されるからです。

これは現れている症状が閉塞性動脈硬化症からくるものではなく、脊柱管狭窄症が原因であることを決定できる有力な判断材料となります。
まっすぐな姿勢では歩くこともままならないのに、自転車にはスムーズに乗ることができるというのもこの理由によるものです。

この他にも年齢が60歳以上であり、両足の裏側や臀部にもしびれが起こる事があれば、ほぼ7割は脊柱管狭窄症の疑いがありますが、最終的には画像撮影によって判断がされます。