広範脊柱管狭窄症とは

広範脊柱管狭窄症とは

広範脊柱管狭窄症とは、頚椎、胸椎、腰椎の広範囲にわたり脊柱管が狭くなり、脊髄神経の障害を引き起こす病気のことです。
この病状は厚労省の特定疾患、または難病に指定されていて、治療費の自己負担分についても大部分が公費での支払いとなっています。

頚椎部、 胸椎部、腰椎部のうち、いずれか2カ所以上において脊柱管狭小化が存在するものでなければ広範脊柱管狭窄症とは認定されず、頚椎と腰椎の狭窄症の合併が約7割を占めています。
頚椎と胸椎の移行部または胸椎と腰椎の移行部のいずれか一カ所のみの狭小化は除かれます。
中年以降の男性に多く見られるようで、男性の発症率は女性の2倍となっています。

原因としては、
姿勢の悪さによる小さな負荷の積み重ねや、加齢による骨の弱さの進行による歪み、そして先天性のものである事などが考えられます。
もともと腰が悪い場合に他の脊椎を圧迫するような姿勢を長くすることでも発症しやすいものです。
または姿勢の悪さと加齢による衰えが平行した原因となって起こることも、十分に考えられます。
先天性の狭窄症については、遺伝性も認められているそうです。

症状としては,
主に手足やからだにしびれや痛み、だるさ脱力感等があります。
症状が悪化して手足に力が入らなくなると介助を必要とする状態になります。
また歩くことが辛くなり、少し歩いては休むといった間欠跛行になり、他にも排泄障害などが現れる場合もあるそうです。
軽微な外力、例えばどこかに強くぶつけたり、転倒等で症状が急に悪くなることもありま す。

治療としては、
局所の安静を必要とし固定装具等が用いられます。
消炎鎮痛剤やビタミンB12等の薬も使われますが、痛みが強い場合には神経ブロックが行われます。

保存治療で効果がないときは入院して頚椎や腰椎の持続牽引を行い、神経ブロックも併用されることがあります。
脊髄の麻痺症状が明らかな場合や、保存治療でも効果が得られない場合は手術が行われます。