頚部で起こる、脊柱管狭窄症

頚部で起こる、脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症として大きな注目を浴びるのは、腰の部分ですが、これはあくまでも脊柱狭窄症の中の一つといえるでしょう。脊柱狭窄症は頚部に起こることもあります。これは腰の脊柱狭窄症と区別して捉える為にも、頚部脊柱狭窄症と呼ばれることもあります。

頚部には非常に重要な神経が多く通っています。この部分が狭窄を受けてしまうと、体全体に症状が出てきてしまうこともあります。腰痛などとは違う意味で、苦しい思いをすることになってしまう可能性があります。進行のスピードとしてはそれほど急激なものではありませんが、それが逆に症状の発見を遅らせてしまうこともあります。自分の体全体で違和感を感じた時や、痛みを感じるような時は、しっかりと診察を受けておくと良いでしょう。頚部は非常に重要な部分です。この頚部脊柱管狭窄症から、脊髄神経を傷つけてしまう症状になってしまうと、体全体の機能が大きく失われてしまうこともあります。日tの体の中でも大切な部位の一つです。