脊柱管狭窄症と前かがみの姿勢

脊柱管狭窄症と前かがみの姿勢

脊柱管狭窄症の特徴として、前かがみになることによって、痛みが少し緩和されるというものがあります。そのため脊柱管狭窄症の痛みに対するアプローチとして、前かがみで歩くというものがあります。これは痛みで悩んでいる人にとってみれば非常に有効的な手段になることが多いです。

しかし前かがみで歩くというのは本来の人の理想の歩き方ではなく、他の関節に多くの負担を強いるようになります。足をもともと痛めている人にとってみれば、前かがみで歩くことは非常に抵抗のある歩行になることでしょう。脊柱管狭窄症にとって前かがみの歩き方は非常に効率的ですが、しっかりと個人差を考えて取り入れていくことが大切です。時と場合によっては、あまり前かがみを意識しない方が良いこともあります。これが正解ということはあまり考えず、専門家としっかり話し合ってベストな姿勢を保つことが非常に重要です。体全体の健康をしっかりと考えた、治療や訓練が必要になってきます。