腰部脊柱管狭窄症の疑いがあったら

腰部脊柱管狭窄症の疑いがあったら

脊柱管には、脊髄や馬尾という神経が通っています。
腰部脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が何らかの原因で狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫され腰痛や下肢の痺れを発症する病気です。

若者から高齢者に至るまで、あらゆる年代で発症する可能性があり、特に5・60歳代~70歳代までの方々に、多く発症しています。
狭窄が起こっていても必ずしも症状が出るわけではありません。

また、「閉塞性動脈硬化症」という病気は狭窄が起こっていなくても、脊柱管狭窄症の症状の特徴である「間欠跛行」の症状が出ます。
診断は、このように他の病気が原因で腰痛が起こっているかどうかを判断することも、併せ行われます。

病院では、通常、X線検査を行った後、もっと詳細な情報が必要な場合、骨以外の状態を把握するために、CT検査やMRI検査を行い、場合によっては造影剤を使用することもあります。

診察を受けるにあたって、専門科目は整形外科ですが、症状が深刻で手術の検討も必要であるのなら、脊椎専門医で十分な手術経験を持っている医師に診察してもらうようにして下さい。

脊柱管狭窄症について、医学的な根拠や解剖学的根拠からわかりやすくきちんとした説明をしてくれるかどうかも、医師を判断する基準としても良いと思います。