腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの合併症

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの合併症

座骨神経痛は殆どの場合、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアを原因として発症します。

一般的に、腰部脊柱管狭窄症が主因であれば上体を後にそらすと下肢に痛みが走り、
腰椎椎間板ヘルニアの場合は上体を前屈させると痛みが走ります。
どちらか一方が原因の場合には、排泄困難などの重篤な症状の場合を除いて、保存療法で症状は回復します。

狭窄症と椎間板ヘルニアが同時に起こっている場合は、上体を後ろにそらしても前に倒してもお尻や下肢の痛み、しびれがキツクなります。
狭窄した脊柱管に腰椎椎間板ヘルニアが同時発生している可能性があるからです。

腰椎椎間板ヘルニアが腰部の脊柱管が狭窄しているところに同時に起きてしまうと、飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯に挟まれ神経根が圧迫されます。
腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアが合併している場合は、腰を曲げることも伸ばすことも困難となり、歩行障害を起こすことがあります。

神経根が狭窄とヘルニアの両方によって圧迫されるため、その痛みの強さや症状の辛さは経験者でなければ想像すらできないほど強烈なものとなります。
長時間立ち続ける事、中腰の姿勢でいる事、身体を後ろに反らす姿勢は避けなければなりません。(というよりはできない状態になります)

合併症の治療は、保存療法では症状がなかなかよくならないことが多く、やはり手術が検討されます。
脊柱管を広げて突出したヘルニアを除去することで、座骨神経痛の症状は緩和されますが、手術をしたからといって完治するわけではないのです。
再発防止の為に、腹筋・背筋の強化に努めるようにしなくてはなりません。