脊柱管狭窄症でも特に腰痛に関する運動

脊柱管狭窄症でも特に腰痛に関する運動

特に腰痛に関する脊柱管狭窄症の症状を緩和させていくには、ストレッチが非常に有効になります。しかしこの時注意なのが、一回ストレッチをしたからといって、症状がすぐによくなるわけではありません。一時的に少し緩和されることはありますが、次第にまた症状が出てきてしまうでしょう。これは仕方のないことです。筋肉に対する刺激を与えても、筋肉は状態を常に一定に保とうとするので、一回の刺激で簡単にその状態を変えることはできません。長期的に行い、筋肉にその状態を覚えさせていくことによって、状態は変わって行きます。

これは、ストレッチにも言えることですが、症状の悪化にも言えることです。一回だけの悪い姿勢であれば、筋肉はそれに影響されず、良い姿勢を再度とることはできます。しかし長期的に悪い姿勢が続いてしまうと、悪い状態を覚えてしまい、常に悪い姿勢になってしまうことになります。体を守ってくれるはずの筋肉の機能を、逆にいためる要因にしてしまわないようにする必要があります。その改善策のひとつとしてストレッチがあります。