脊柱管狭窄症の人がやるとよい運動

脊柱管狭窄症の人がやるとよい運動

脊柱管狭窄症の人がやった方が良い運動は多くありますが、どれもできるだけゆっくり行い、また負荷が大きすぎないような注意が必要になります。痛いと思う前にやめる必要があり、痛いと感じてしまった時は、すぐに運動をやめゆっくりと休む必要があるでしょう。真面目な人であると、習慣にしようと考え、無理をしてしまいがちです。逆に症状を悪化させる原因になるので、できるだけそれは控えておきましょう。脊柱管狭窄症の人がやると良い運動にストレッチがありますが、非常に軽いストレッチが有効です。手が足先に届くくらいの運動を定期的にそして、少しからだが堅くなったなと感じた時に行っていくと良いでしょう。この時膝を無理に伸ばしておく必要はなく、適度にまげて行うと良いです。無理して痛くなってしまうことがないようにしてください。体を動かすこと自体が良いことになるので、あまり疲れなければいけないなどのことは、考えなくて大丈夫です。