脊柱管狭窄症の手術「椎弓切除術」

脊柱管狭窄症の手術「椎弓切除術」

脊柱管狭窄症の症状が投薬や神経ブロックなどで改善しない場合は、神経の通り道を広げてやる必要があり、手術が行われます。

椎弓切除術

圧迫を和らげるために、椎骨の後方にある椎弓を取り除く方法です。 
脊柱管を作っている壁は椎体・椎間関節・椎弓なので、脊柱管を広げるにはこのどれかを削って広げてやれば良いわけです。

実際には椎弓と、必要に応じて椎間関節の一部を削って、脊柱管を広げます。
しかし狭窄が強い場合、あるいは脊柱管から外へ出ている神経の枝(神経根)の通り道が狭い場合には、椎間関節の大部分を削らなくてはならない場合もあります。
このような場合は、脊柱の後ろの支えが弱くなるので、固定術を併用することがあります。

手術で圧迫が除かれ痛みは改善します。
手術時間は 約1時間程度で、入院期間は個人差がありますが 約3週間~4週間くらいとなります。
術後は2,3日で起き上がり、トイレは一人で行けるようになります。
また手術後は1~数ヵ月程度コルセットを着用します。