脊柱管狭窄症の手術「脊柱固定術」

脊柱管狭窄症の手術「脊柱固定術」

脊柱管狭窄症で、保存療法で効果を得る事が出来なかったり、排尿・排便などにも不自由になるほど日常生活が困難な場合に、手術が行われます。

脊柱固定術
脊椎をもとの位置に固定する手術で、腰痛をもとから治す根治治療です。 
移植した骨が完全に癒合することで、大きな力の加わる腰椎を長期的に安定させることができます。

広範囲に骨を削った場合などでは腰椎を固定する必要があります。
脊椎に骨を移植して金属を使って脊柱を固定する方法や、場合によっては腹側から骨移植する(前方固定術)こともあります。

また、脊柱管内を通る脊髄や神経が圧迫されて、麻痺まひやしびれ・痛みなどがある場合には、同時に圧迫をゆるめる手術(神経除圧)を行ないます。

背中側から切開し、神経除圧をしたあとでインストルメントなどの医療素材や人工骨・プレートやスクリュー、ロッド、スペーサーと呼ばれる固定用の器具を用いて固定します。
併せて、自家骨移植(手術中に削った椎骨や、骨盤から採取した骨を、椎骨に移植します)を行い、最終的には器具だけではなく、自分の骨でも固定されるようにします。

手術後は、コルセットを数ヵ月間着用する必要があります。
入院期間は個人差がありますが、約3週間~4週間くらいです