脊柱管狭窄症に関わる筋肉「脊柱起立筋」

脊柱管狭窄症に関わる筋肉「脊柱起立筋」

脊柱起立筋は背骨から腰骨の方にまで、人間の背中の中心部あたりを縦に細長く走っている筋肉です。

脊柱(背骨)を支える働きをしていて「姿勢を作る筋肉」などとも言われ、これらの筋肉が弱ってくると背筋が曲がってしまいます。

腰から背骨へ、そして首の方に向かって走っていますが、大小さまざまな筋肉の集まった筋群として働いていて、大きく分類すると3つの筋肉から成立しており、外側から「腸肋筋」 「最長筋」「棘筋(きょくきん)」となっています。

人間が直立二足歩行するために必要欠くべからざる筋肉で、椅子に座っている時も、立っているときも、歩いている時も姿勢を維持するための役割を果たしています。

重い物を持って立ち上がるときや背中を反ったりする動作を行うときにも脊柱起立筋が筋力を発揮しているのです。

地味なインナーマッスル(深層筋)ですが腹筋と一緒にバランスよく鍛えておかないと、運動能力が低下したり、腰痛の一因となったりすることもあります。

・腸肋筋・・・ 脊柱起立筋の中で最も外側を走る筋肉で、更に脊椎の部位によって 名称が変わり、「頚腸肋筋」「胸腸肋筋」「腰腸肋筋」に分かれます。

・最長筋・・・ 脊柱起立筋のうち、中央を走る筋肉で、部位によって「頭最長筋」「頸最長筋」 「胸最長筋」の三つに分類されます。

・棘筋・・・ 脊柱起立筋の中で最も内側に走る筋肉で、部位によって 「頭棘筋」「胸棘筋」「頸棘筋」に分類されます。

脊柱起立筋は脊椎を支える筋肉で、この筋肉に異常が生じると脊柱管狭窄症などに起因する腰痛を発症します。
腰痛防止には腹筋と共に鍛えておかなければならない筋肉です。