脊柱管狭窄症にかかわる筋肉「内腹斜筋」

脊柱管狭窄症にかかわる筋肉「内腹斜筋」

内腹斜筋は、外腹斜筋の下層(内側)にあって骨盤から肋骨に向かって付いている筋肉です。
腹部の筋肉のうち腹壁外側部を走る側腹筋の一つで、腹筋群の中では「外腹斜筋」と対を成し斜め方向の動きや捻りに強い筋肉です。別名、上行腹斜筋とも呼ばれます。

外腹斜筋の内側に張り付き、腹壁を作る一つの筋として働いています。
これらの腹筋は、単に体幹を屈曲する、側屈する、両側に回旋するという働きだけでなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりしています。

内腹斜筋の筋繊維は、外腹斜筋と反対の走行になっていますので、腹筋運動の際の内腹斜筋は、反対側の外腹斜筋と共に働きます。
腰のくびれを作る筋肉でもあり、お腹を引き締めてスタイルを良くするためには、外腹斜筋らと共にこの筋肉の鍛錬が必要となります。

腹直筋や腹斜筋は、パワーを生み出す体幹筋のひとつでスポーツにおいても上体を回転させたりひねったりするために重要な働きをする筋肉です。
現代社会の中では余り使う機会の無いインナーマッスルのため、機能不全に陥っている人が多い筋肉の1つといえるでしょう。

これらの筋肉を鍛えることは、脊柱管狭窄症などに起因する腰痛の防止やスリムな体づくり、スポーツパフォーマンスの向上の為にとても役立ちます。