腰部脊柱管狭窄症に関係する筋肉「大腰筋」

腰部脊柱管狭窄症に関係する筋肉「大腰筋」

腰椎をしっかり支える腰の要で、脊柱の屈曲を行う腰の支柱筋肉の一つです。

その範囲はとても 広く、肋骨の終端部である第12胸椎、および第1腰椎~第4腰椎から始まり、途中腸骨付近で腸骨筋と合流し腸腰筋となります。

わかりやすく言えば、腰椎(背骨の腰の部分)から骨盤を通って股関節の内側についている筋肉です。
大腰筋は上半身と下半身(両足)をつなぐ唯一の筋肉で「屈筋」に分類されます。

体の外側から触っても確認出来ないくらい身体の深い所にあるインナーマッスルです。
大腰筋が衰えると骨盤が前もしくは後ろに傾いたり、 正しい姿勢を保つことができず猫背になってしまいます。

腹筋や背筋が弱まりおなか周りがたるんでしまい、腰痛の原因となります。
更には交感神経の働きが低下し、太りやすい体になってしまう可能性があり、これも腰痛には良くない事です。

大腰筋は直立の姿勢を保ち、歩く際に脚・膝を引き上げるなどの重要な役割があります。
また背骨の自然なS字の湾曲をつくり、骨盤の位置を正常に保つ働きがあります

大腰筋が異常を起こすと

・腰痛を起こす・・・大腰筋が硬くなると背骨を引っ張ることになり、上体を後ろに反らせることが困難になり、背中から腰、お尻の筋肉に負担がかかるからです。

・肩がこる・・・大腰筋の異常で姿勢が悪くなり、肩や首に負担をかけるようになります。

・猫背・ポッコリお腹・・・骨盤が前に倒れるのでお腹がポッコリと出てしまい、一緒に背骨も倒れてしまうので、猫背になります。

・股関節、膝の痛み・・・猫背や、ポッコリお腹のためにお尻が突き出た姿勢でいると、バランスが崩れるので、足に負担がかかるようになり、股関節痛や膝痛などを引き起こします。

・骨盤のゆがみ・・・大腰筋は骨盤の内側を通っているので、大腰筋が硬くなると骨盤の動きが悪くなり、ズレたまま戻りにくくなります。

・便秘・冷え性・・・大腰筋は大腸・小腸や大きい血管の側を走行しているために、大腰筋の異常で腸を圧迫してしまうからです。

以上のような症状が現れてきます。

このような事からも、大腰筋の異常は脊椎刊狭窄症の原因となるばかりではなく、多くの障害を引き起こしますので、日頃から筋トレやストレッチなどで鍛えておく必要があります。