腰部脊柱管狭窄症に関係する筋肉「腰方形筋」

腰部脊柱管狭窄症に関係する筋肉「腰方形筋」

腰方形筋は骨盤から腰の骨と一番下の肋骨を繋がる筋肉で、腰椎と腸骨を結ぶ「安定を生み出す筋肉」の一つです。
背中側から左右の骨盤を吊り橋のようにぶら下げているような格好の筋肉です。

体を横に倒す(曲げる)時や、上体を後ろに反らす時、また片方の足を挙げた時に骨盤が下がらないように引き上げる時に働きます。

腰方形筋は、骨盤や腰の骨を正常な位置で保持するために大切な筋肉です。
床から物を持ち上げる時、長時間または繰り返し体幹を曲げたり、ねじったりした時、また立ったり座ったりする時に痛みやすい筋肉で、バランスを崩すと、左右どちらかの腰方形筋に負荷が掛かり筋肉捻挫を起こします。これがギックリ腰の原因になります。

また、左右どちらかの腰方形筋が硬直すると、腰骨や骨盤の高さが左右で変わり、縮まっているとウエストのくびれが無くなりアンバランスになります。
 肩にも左右差が出来、子宮や腸にも悪影響が出ます。

腰方形筋は、脇腹の奥にあたるため、痛めると痛めた反対側に身体を逃がしますので、どちらの腰方形筋を痛めたか直ぐに分かるのが特徴です。

脊柱起立筋の内側に走るインナーマッスルなので、意識される事が少ない筋肉なのですが、この筋肉が抜けてしまうと、腰が抜けたような感覚に襲われる場合があります。
筋トレやストレッチで鍛えておくことが重要です。