脊柱管狭窄症の痛み緩和にオステオパシーの手技療法

脊柱管狭窄症の痛み緩和にオステオパシーの手技療法

中高年になってからの腰痛の原因に、腰部の脊柱管狭窄症状があります。

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢による脊椎骨の変形で、腰部での神経の通り道である脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っている足へ向かう神経を圧迫する事によって起こる症状です。

腰痛や、下肢の痺れ、坐骨神経痛の様な痛みがあり、30分程度立っていたり、歩いたりすると症状が出現し歩けなくなり、暫く休むと症状がおさまってまた歩けるようになる、という間欠性跛行が典型的な症状です。
歩いて近所へ行く事も、また酷くなると家の中の移動さえ困難になってしまうようです。

一般的な治療方法としては、薬物療法か手術になりますが、オステオパシーの手技でも症状の緩和は促すことができます。

オステオパシーの治療概念は「カイロプラクティック」や「整体」と共通するもので、身体の歪みが健康を損ねる原因であるという基礎概念のもと、患者の感じる痛みが最も少ない体勢を維持したまま「手技」によって、徐々に骨のゆがみに干渉し、正常な位置へと戻すというのが基本です。

オステオパシーでは背骨(脊柱)を中心に、全身の骨格の不具合を優しく柔らかな手技で調整し、身体の自然治癒力を高めていきます。

椎骨が狭窄されて起こる圧迫は坐骨神経だけでなく、腰椎周囲全体の血流を低下させてしまうために治癒が遅れると考えられます。

神経に栄養を与え、温めながら機能を維持するのも血管の働きであり、この点を考慮しながら、慎重に椎体の可動性を回復させていきながら、坐骨神経に沿った痛みや痺れの緩和を図ります。

手術を必要としない初期症状の脊柱管狭窄症の方には、専門医の診断を受けてもらいながら、オステオパシーによる手技療法は補助的なものとして、脊柱管狭窄部の歪みを調整すれば、より早く症状の改善が図れるようになります。

オステオパシーはカイロプラクティックより古くからある手技療法で、アメリカでは立派な医学として広まっています。

残念ながら日本ではまだまだ認知がされておらず、健康保険が適用されません。
費用は整体やカイロプラクティックと同じ程度で、目安としては10分1,000円程度の負担がかかるようです。
自分に合った良い治療院を探すことが重要となります