腰部脊柱管狭窄症のリハビリとは

腰部脊柱管狭窄症のリハビリとは

腰部脊柱管狭窄症のリハビリには、一般的には、
物理療法・・・腰部の牽引、温熱療法
装具・・・コルセットの使用、
運動療法・・・腹筋、殿筋、ハムストリングなど腰椎屈筋の筋力増強訓練、背筋、腸腰筋など腰椎伸筋のストレッチング
などがあげられます。

多くの整形外科では、主に機械での治療(物理療法)を行っています。
リハビリでは骨の形を変えたりすることは不可能ですので、完治は難しいと考えられます。あくまでも症状を軽くするということが主体となります。

筋肉は常に痛みに耐えているので過緊張の状態です。
リハビリで一番重要視するのは腰部の筋肉の状態で、その緊張を開放しなければなりません。

運動療法では主に腹筋、殿筋、ハムストリングなど腰椎屈筋の筋力増強訓練、背筋、腸腰筋など腰椎伸筋のストレッチングを行うことになります。

先ずはゆっくりとしたペースで、腰部から下肢にかけての筋肉の緊張状態を整えるためのリラクゼーションを行います。

それから柔軟性を改善するためのストレッチを中心に行っています。

状態が少し落ち着いたなら、軽く動かすという事を意識しながら体操を行います。

痛みが慢性的になっていると知らないうちに力が入ってしまいますので、力を抜くことを念頭に動ける範囲でラジオ体操的なものを行います。

体を動かすことに慣れてきたら徐々に筋トレなども行い筋肉強化を目指します。
始めは無理せずにゆっくり体を動かすという事が基本になります。
始めは小さく、そしてだんだん大きくと動きを付けられるようになれば合格です。

これらの運動療法は、医師の診断を受けてのちに、理学療法士によるリハビリプログラムに従って行う事が重要です。

自宅で自主トレをしたい人には、湯船の中で動くようにしましょう。
水の中なので浮力により腰への負担が少ないという利点があり、温まる事で血行が良くなり筋肉も柔らかくなっているので、腰部脊柱管の狭窄の原因である神経組織の血流障害の改善に効果があります。

腰痛の保存療法としての運動療法は原因治療に近いもので効果も持続性があり、他の保存治療とは一線を画しており、腰痛疾患保存治療の主幹をなすものといえます。