発達性脊柱管狭窄症とは

発達性脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症のほとんどは、脊椎骨の老化が原因でおこります。

発達性とは先天的なものという意味で、発達性脊柱管狭窄症とは、椎弓根部の未発達、生まれつき脊柱管構造の狭さなどの要因に、老化による退行性変性、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症などが合併して、脊柱管の内腔が更に狭まりその中を通る脊髄や神経根が圧迫されて症状の起こる病気です。

症状は、腰痛、臀部痛、下肢の痛みなどがあり、進行すると神経が刺激されることにより間欠的に足の痛みが生じて歩けなくなり、少し腰掛けたり前かがみになったりすることで症状が改善し再び歩けるようになるという神経性跛行が現われます。

また、いま現在症状が出てなくても易損性といって、スポーツや激しいダンス踊るなどのちょっとした衝撃で脊髄損傷が起こる可能性があります。

頚部の脊柱管狭窄症は発達性のものと加齢による頸椎症性のものに大きく分けられ、発達性は青年期や壮年期に発病する傾向にあり、頸椎症性は老年期に発症する傾向があります。

人によっては頚椎と腰椎の両方に発達性脊柱管狭窄を持つことがあります。

頚椎でも腰椎でも根治の為には手術治療しかありません。
脊髄の障害が進むと脊髄機能の回復が悪くなるので、手術治療は早めに行うことが大事です