脊柱管狭窄症であっても、それで終わりではありません。

脊柱管狭窄症であっても、それで終わりではありません。

脊柱管狭窄症になったからと言って、そこでその人の生活が終わるわけではありません。脊柱管狭窄症であっても、十分、自分の人生を楽しむことができます。それができるように、現代の医療も進歩して来ました。脊柱管が狭くなり、脊髄神経を圧迫してしまうので意図しないところで、体の機能に異変が起こってしまうこともあります。ショックを受けてしまうこともあるでしょう。ただ、多くの場合、圧迫している要素を取り除く、または圧迫しないような動きをすることによって、正常に近い、機能が戻ってくることになります。脊柱管狭窄症とどのように付き合っていくかが大切になります。

付き合い方を間違えると、当然、体に異変が起きますが、逆にしっかりと付き合っていけば、体に異変が起きることを極力抑えることができます。自分のやりたいことをあきらめなくてもすむようになるでしょう。ただ、付き合っていく中で、自分の体の能力、年齢はしっかりと受け入れていく必要はあります。