高齢者の状態をいち早くキャッチ

高齢者の状態をいち早くキャッチ

脊柱管狭窄症の症状に早く気付く為には、自覚症状が一番です。自分でおかしいと思うことが何より、早期発見につながります。しかし脊柱管狭窄症を発祥することが多い高齢者ではこの早期発見をすることが難しいといわれています。やはり長年生きてきた経験などによって、「まだ大丈夫」だと思ってしまい、我慢をしてしまうことが多いのです。高齢者で怖いところのひとつは、病気や障害の発症の確立の高さのほかに、この「我慢」があります。我慢をしてしまうことで本来あまり酷くならなくてすむ病気や障害が重症になってしまうことがよくあります。

高齢者の人達は、自分達の身体能力が衰えたことによって、申し訳ないと言う気持ちを強く持っている人もいます。その気持ちのせいで自分の状態を上手く周囲に伝えることができなくなっていることもあります。これは非常に大きな問題と言えるでしょう。周囲の人がいち早く、高齢者の症状についてキャッチすることが大切になります。また話しやすい雰囲気を作ることも大切でしょう。