脊柱管狭窄症治療における病院・治療院選び

脊柱管狭窄症治療における病院・治療院選び

脊柱管狭窄症に限らず、治療における病院や治療院選びは大変難しいもので、どのようにして決断するかは悩むところです。

脊柱管狭窄症の治療は「病院」であれば、専門科目は整形外科となります。
まず脊柱管狭窄症について、医師がきちんとした医学的な根拠や解剖学的根拠からの説明をわかりやすく説明してくれることが重要です。

症状が深刻で、医師から手術の検討もありうるという判断をされるようであれば、「脊椎専門医で十分な手術経験」を、持っている医師に見てもらうのが良いでしょう。

手術は決して簡単で安全な手術ではありません。
どのような手術方法であっても、合併症や後遺症のリスクを伴うものです。

病院を選ぶ際の考え方として、最優先事項は手術件数です。
手術件数が多い病院は、技術が高く優れた病院であって、経験豊富な医師がいる可能性が高いと思われます。

大学病院、有名病院だから技術力が高いという先入観は持たないようにしましょう。
また、医師の言うことであっても、全ては信用せず色々な意見を聞き、自分の力で最善の病院、執刀医を探すことが最も重要な事です。

又、脊柱管狭窄症の治療には、病院での治療の他にも、「鍼灸」「カイロプラクティック」などの代替医療でも、効果が期待できます。

勿論きちんとした知識と経験のある「鍼灸」や「カイロプラクティック」などの代替治療院を見つけることが大切ではあります。

「鍼灸」や「カイロプラクティック」などの治療家の中には、名医と呼ばれるような真のプロフェッショナルな方ばかりではなく、恐ろしい事にまったく医学的知識を持たずに治療を行っている危険な者も存在しています。

資格や肩書きだけで判断せず、過去の治療実績や実際に治療を受けた人からの評価や口コミなどを参考にして選択すると良いでしょう。 これは病院選びでも同じ事がいえます。

歳だから仕方がない・・・と言ってあきらめる前に、一度「鍼灸」や「カイロプラクティック」などの代替医療も考慮してみると改善への近道が見いだせるかもしれません。

とにかく、病院での治療であれ、鍼灸・カイロプラクティックなどの代替医療での治療であれ、1つの病院や治療院に固執するべきでは無く、患者さん自身がちゃんと納得した上で安心して自身の体をあずける事ができるところを探すことが大切です。