腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術(内視鏡下椎弓切除術)MEL

腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術(内視鏡下椎弓切除術)MEL

腰部脊柱管狭窄症の基本的な手術は、痛みの原因となる神経を圧迫している背骨や靭帯を削り、脊柱管を正常な広さに戻すという方法です。
これまでの手術方法では、体にメスを入れて大きく切開する必要があり、患者さんの負担が大変大きいものでした。
しかし、最近では体への負担が少ない腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術(内視鏡下椎弓切除術)MELが行われるようになってきました。

MELとは腰部脊柱管狭窄症に対し、MED(内視鏡を用いた腰椎椎間板ヘルニアの手術方法)に準じた内視鏡を使用し、狭くなった脊柱管を広げる手術方法です。
適応する狭窄症としては、特に神経根型(外側狭窄型)の場合となります。

MELのメリットは、内視鏡での手術であり、大きく切開する必要がなく傷口が小さく、患者の身体へのダメージは少ないものになり、早期の社会復帰が可能となります。
MELとMEDの異なる点は、MELでは椎弓を切除しますので、MEDに比べると出血量はやや多く、手術時間もやや長くなります。

入院期間は1カ所の手術なら約1週間程度となります。

手術方法は
・全身麻酔をかけ、患部を16ミリ程度切開します。
・切開した部分に金属棒を入れ16ミリ程度の大きさの穴に広げます。
・広げた穴にカメラのついたスコープと削るためのノミを入れます。
・神経を圧迫している背骨や靭帯を削ります。

手術時間は、1カ所につき約1時間半くらいで、出血量は通常の場合多くて100ccぐらいで、輸血の必要はないようです。

しかし腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術は誰でもが受けられるわけではありません。
狭窄が広範囲に起こっていて削る部分が多い場合や、背骨の歪みがひどく金具で固定する必要がある場合などは適用外となります

基本的に腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術は、治療する場所が1~2ヶ所で済む場合になります。
腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術は新しい手術法なので、現状ではこの手術方法で治療を行う病院はまだまだ少ないです。