脊柱管狭窄症と喫煙

脊柱管狭窄症と喫煙

脊柱管狭窄症は、脊柱管がヘルニアや加齢などによって狭まり、脊柱管内を通っている神経を圧迫することによって起こるとされています。

たばこをよく吸う人は腰痛になりやすいといわれ、 喫煙と腰痛には因果関係 があるようです。
たばこに含まれるニコチンには血管を縮めるという害があり、腰の神経に通じる血の巡りを悪くしてしまうこと、ニコチンによる血流障害が、コラーゲンを破壊し椎間板の変化をもたらし、腰痛の原因となっているといわれており、又そのような報告例もあるようです。

椎間板には血管がなく、栄養分は椎間板の周囲の血管などから吸収していますので、喫煙でこれらの血管が収縮して血のめぐりが悪くなると椎間板に栄養が行き渡らなくなり変性してしまうのです。

また、ニコチンによって椎間板の弾力が失われることも事実で、椎間板の弾力性が半分以下になっててしまうとも言われています。
椎間板は軟骨で、軟骨の主成分はコラーゲンです。
たばこは、コラーゲンの産生を促進するビタミンCを破壊してしまうので、椎間板の健康維持に必要なコラーゲンの作成が追いつかなくなってしまうのです。

弾力性を失った椎間板は些細な事でも損傷を受けやすくなりヘルニアの原因となり、脊柱管を狭めてしまう事になるのですます。
また、ニコチンによって血管が収縮してしまうと、老廃物を排出することができず、溜まってしまい、コリの原因となるのです。

腰痛で悩んでいる人や肉体労働従事者の喫煙は特に注意が必要で、これに運動不足や吸う本数が多くなるとますます腰痛が悪化していきます。
ウサギを使った実験で、ニコチンを与え続けたウサギの椎間板の弾力が失われたという研究の結果があるそうです。

禁煙することによって壊れていた椎間板が回復することもあるようで、特に年齢が若ければ若いほど回復率は高くなるそうです。つまり、禁煙すれば腰痛は改善する可能性があるという事です。
たばこは腰痛にとっても悪影響しか及ぼしません。