腰部脊柱管狭窄症のタイプ

腰部脊柱管狭窄症のタイプ

脊柱管は前方の椎体と椎間板、後方の棘突起・椎弓によって囲まれていて管状の構造をしていて、その脊柱管の中には脊髄や馬尾神経が通り、さらに神経は左右に分かれて上肢や下肢などの体の各部へと伸びています。

腰の部分で脊柱管が狭くなり、その内部にある馬尾や神経根が圧迫され種々の症状が現れてくる疾患が腰部脊柱管狭窄症です。
出現する症状によって大きく「神経根型」「馬尾型」「混合型」の3 タイプに分けられます。

神経根型・・・脊柱管の隅だけが狭くなり、その部分にある神経根だけが圧迫されます。主に脊柱管の外側で圧迫されるタイプで、神経根の障害により症状がでます。
下肢の痛みや痺れが強く、間欠跛行も下肢痛が中心です。

馬尾型・・・脊柱管全体が狭くなり主に馬尾神経が圧迫されます。
下肢の痛みより痺れ、間欠跛行も痺れが中心で、下肢筋力低下や膀胱直腸障害などを合併し、排尿・排便異常、会陰部の異常感覚、意図しない勃起などが生じることもあります。

混合型・・・神経根型と馬尾型の両方の症状が出現します。

どのタイプでも軽症の場合、安静時に症状は出現しませんが、重症化すると安静時においてもこのような症状で苦しむことになります。