脊柱管狭窄症の薬物療法

脊柱管狭窄症の薬物療法

腰部脊柱管狭窄症の治療において、基本は安静にすることですが、治療方法としては保存療法が多く用いられます。

この保存療法は、まず薬物療法から始められます。
痛みがきつい場合は鎮痛剤を用いる場合もありますが、腰部脊柱管狭窄症の原因が神経周りの血液の流れが悪くなることであると分かってきたため、血流改善薬を投与する病院が多いようです。

しかし薬物療法を長期間続けると副作用がでる場合がありますので、治療薬は必ず医師の指示に従って慎重に服用することが重要です。

内服薬の種類には

プロスタグランジンE1製剤
血管を拡張し、圧迫された神経の血流を改善する作用があり、間歇跛行など歩行障害に効果があります。
主にプロレナールR、オパルモンRが投与されます。

消炎鎮痛剤
痛みがきつい時に効果があります。胃に負担をかけるので、胃薬と一緒に処方されます。
非ステロイド性抗炎症薬が多く用いられます。

ビタミンB12
傷ついた神経を治し神経を安定させる作用があり、しびれがある場合に効果があります。
副作用がないため安心して服用できます。
普段の食事に積極的に取り入るようにしましょう。

薬剤による副作用を避けるために、血行改善や痛み止め、自然治癒の効果をも持つブロック注射を用いることが多くあります。