椎間板ヘルニアの特徴

椎間板ヘルニアの特徴

椎間板ヘルニアの特徴としては、脊髄管狭窄症と似ているものもありますが、痛みにおいては、椎間板ヘルニアの方がひどくなることが多いです。片方の足に症状が出てくることが多いですが、ヘルニアの程度によっては、両足にかけて症状が出てくることもあります。腰痛をはじめ、痺れ、感覚的な障害、排尿障害が主なものになります。これらは全て自覚できる場合が多く、あきらかにおかしいと気づくことはできます。傷みがそれほど感じられない症状の時で、高齢者の場合、脊柱管狭窄症かなと思うこともあるかもしれませんが、椎間板ヘルニアの場合、急に症状が出るということと、前かがみの姿勢で傷みが強くなるという特徴があります。これらの症状は脊柱管狭窄症ではあまり見られません。脊柱管狭窄症の場合、前かがみになると痛みが多少和らぐことが多いです。椎間板ヘルニアでも脊柱管狭窄症でも、早めに発見できることに越したことはないので、違和感を感じたら、積極的に病院などで検査をしてもらいましょう。