脊柱管狭窄症、ぎっくり腰とならんで有名な腰に関わる症状

脊柱管狭窄症、ぎっくり腰とならんで有名な腰に関わる症状

脊柱管狭窄症とぎっくり腰と同じくらい有名な腰の症状の中に椎間板ヘルニアがあります。これは一体どのような症状かというと、簡単に言うと、椎間板がはみ出して脊髄神経を圧迫してしまうことによる痛みや、痺れなどの症状になります。負担が大きくかかる腰に多い症状であり、非常に激しい痛みなどを訴えることになります。ぎっくり腰などのように、一時的に傷みが生じて、しばらくすれば改善するようなものではなく、長期的に傷みが続くことになります。また時にぎっくり腰の原因にもなりえる症状です。ある意味では脊柱管狭窄症とぎっくり腰の特徴を持っているといえるでしょう。症状の重さでは、すぐに手術が必要になることもあります。原因となっている椎間板による圧迫を除けば症状はなくなるのですが、そう単純にいかない場合も多々あります。年齢が若くてもなる可能性がある症状といえ、特に、常時激しい運動をしている人ほど注意が必要と言えるでしょう。