ぎっくり腰がどうしても治らない時は手術が必要かもしれかせん

ぎっくり腰がどうしても治らない時は手術が必要かもしれかせん

脊柱管狭窄症の症状が酷くなった時に手術が必要になるのと同じように、ぎっくり腰になってその症状がなかなか改善しない場合、手術が必要になることもあります。その時、単純なぎっくり腰だと思っていたものが、実は椎間板ヘルニアになっていたということもあります。椎間板ヘルニアになると、当然筋肉などの問題ではなく、脊柱そのものの問題になってくるので、症状が改善することは難しくなります。椎間板ヘルニアにもとからなっていて、その影響によって、ぎっくり腰になってしまうことも多いです。非常に関係の深い症状同士といえるでしょう。ぎっくり腰だからといって、軽くみてはいけないという証拠と捉えることができるでしょう。早めに専門家の人に見てもらえば、ぎっくり腰の症状が酷くなる前に、椎間板ヘルニアの存在に気付けることもあります。脊柱管狭窄症の場合もそうでしたが、高齢になり、腰の痛みが気になってきた時、病院で見てもらうのが一番です。