ぎっくり腰と関係する最も小さい臀部筋

ぎっくり腰と関係する最も小さい臀部筋

臀部にかかわる筋肉には大臀筋、中臀筋がありますが、最後に小臀筋があります。この大中小は筋肉の大きさを表していることもあり、小臀筋は臀部筋の中でももっとも小さい筋肉と言えます。筋肉が小さいので、効果も小さいかというとそうではありません。関節を動かす作用は確かに小さいですが、姿勢を保つ際には重要な筋肉になります。作用としては、中臀筋と同じような作用であるため、捕縄的なものとなります。小臀筋自体、体のかなり中のほうにある筋肉なので、あまり意識することはできないでしょう。同じような動きをするときには、中臀筋を意識してしまうので、なおさらです。小臀部筋はインナーマッスルになるので、姿勢を保っている時に、活躍していると思っておけば、大きな間違いにはなりません。骨盤の安定にも影響してきます。中臀筋と同じように、あまり普段から利用するような筋肉ではない為、衰えやすい筋肉のひとつになります。定期的な運動をしたり、日常生活のなかで姿勢を気にするなどして、適度な刺激を継続的に与えることができるような工夫が必要と言えるでしょう。